ビオレ毛穴パックで鼻の角栓を実際に取ってみました。

毛穴パックを実践してみた結果をレポートします。

私が使ったのはこちら。

・ポアトル 角栓クリアジェル
・ビオレ 毛穴すっきりパック
・手持ちの化粧水

まず、毛穴パックの他に、毛穴を緩めるためのジェルを鼻に塗りました。

そのジェルを真珠粒ひとつぶんくらい指にとると、鼻全体を優しくマッサージするように塗り込んでいきます。

すると、あら不思議。

どうしたことか、鼻の頭がじんわりと温かくなってきました。

この熱で毛穴を温め、毛穴の角栓をぐらつかせるのがこの商品の狙いなのです。

3分くらいマッサージしたところで、このジェルはいったんキレイに洗い流します。

このジェルをつけたままパックをしても、ぬるぬるのせいで粘着力が弱まり効果が薄くなってしまうからです。

ジェルを洗い流したあとは、パックの使い方に従って鼻に貼っていきます。

鼻の頭を少し湿らせ、乾いた手でフィルムをはいで、ゆっくりと貼っていく。

個人的には、端っこから貼っていくよりも、先に中央部分を貼り付けてから両端を貼り付けていく方がシワなくきれいに貼れました。

鼻に貼ったらあとは待つだけ!

乾燥している時期によって時間は変わってきますが、だいたい10分程度が目安でしょうか。

部屋の湿度にもよるかと思いますので、私は触ってみて、パキパキになってきたかな?というタイミングで剥ぎました。

乾燥しすぎると鼻にぴったり張り付いて皮膚を傷めてしまうそうなので・・・。

という訳で、パックがちょうどいい硬さになってきたら、端っこからゆっくり剥がしていきます。

毛穴の汚れを取るだけあって粘着力はかなりのもの。

極力皮膚を傷めないように、ゆっくり、ゆっくり剥いで。。

そして剥げたパックを見て、びっくりしました!

鼻の角栓が、と、取れてる!!

事前に温めたのがよかったのか、それともそれだけ毛穴の汚れが根深かったのか、パックの裏にはCMで見たものよりも遥かにごっそりと汚れが!

触ってみると、よっぽど押し固められてしまったのかけっこう固いです。

大きいもので、長さは2mm近くあるものも。

その様子に、納得しました。

こんなもん、洗顔石鹸でどうこうなるレベルではない、と。

そして鼻の方を見て、更にびっくりしました!

鼻に、あ、穴があいている!!

鼻のてっぺんに、ぽつぽつと2~3個ほど目に見える穴が開いていました。

恐らく一番大きな角栓が詰まっていた穴でしょうか。

それはもう、見事にぱっくりと。

このまま放っておく訳にはいきません。

すぐに化粧水で肌を整え、氷で冷やしました。

使ってみた効果としては、結果は抜群でした。

しっかりケアしたおかげか毛穴はそこまで広がった様子はなく、黒ずみが目立たなくなったかなあという程度。

ただ、毛穴パックは頻繁にはしない方がいいだろうなという感じでした。

実はこの毛穴パック、一度しかしていません。

最初に頑固な汚れを取ってしまって、あとはいかに小さな汚れの段階で除去できるかということにこだわったからです。

という訳で、石鹸汚れでもビクともしない汚れがある方は、一度リセットのつもりで使ってみるのはどうでしょうか?


この記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ