スクラブ洗顔よりもちもち洗顔!

思春期の頃は、毛穴とニキビの両方に悩まされていました。

友人に「鼻のぼつぼつ目立つねー」なんて言われてしまって、ショックで本当にどうしていいかわからず色々な方法を試しました。

そのうちのひとつが某メーカーで出している粒々のスクラブ入り洗顔です。(ニキビ予防のためのアクネケア成分入り)

スクラブで毛穴の汚れをかきだすとのことなのですが、使うたびにスクラブで肌をこすってしまっているのか、ヒリヒリとしてしまって私には続けられませんでした。

調べてみたところ、スクラブというのは多かれ少なかれ自分の肌を削って傷つけてしまうようで、そのピーリング効果が合う人と合わない人がいるそうです。

私は肌が薄く、血管が透けているような肌質なので、そのピーリング効果の刺激が強すぎたのだと気づきました。

そして、スクラブ洗顔は決して毎日はやらない方がいいとも知りました。

1週間に1度くらい、毛穴の汚れが目立ってきたら使用する程度で十分だそうです。

ただ、私は1度ヒリヒリになってしまった経験から、スクラブ洗顔は怖くなってきっぱりやめました。

そこで出会ったのが吸着系のもっちり洗顔料です。

手で洗うというよりは、泡で包み込んで洗うような感覚。

初めての体験でした。

今までは指の腹を使ってしっかりと汚れを落とすようにして洗顔していたのですが、泡洗顔でやさしく泡の力だけで洗うように心がけてみたところ、これがすごく良かったんです。

まず、洗顔後の肌のもちもち感が違いました。

肌の皮脂を全部もっていかれたようなツッパリ感はなく、むしろ洗顔したのにもかかわらず、しっとりとした肌がそこにはありました。

洗顔選びでここまで洗い上がりが違うのかとびっくりしたことを覚えています。

ほとんど泡だけで洗っているので、ちゃんと小鼻の汚れやつまりは改善されるのか不安はありましたが、1週間ほど続けてみると、スクラブ洗顔をしていたころの小鼻よりきめの細かい小鼻になったと目で見てわかるほど違いを実感することができました。

結果わかったことは、毛穴の汚れはごしごしこすっても効果がないということ(むしろ肌を傷つけてしまって逆効果)・吸着成分のある洗顔料を使用し汚れを浮かせて落とすと良いということです。(おすすめは泡立てた後に手のひらを逆さにしても泡が下に落ちないくらい弾力のある泡が作れる洗顔石鹸

洗顔は毎日行うことですので、洗顔料選びは慎重に自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切だと思いました。

そして、肌を傷つけないように優しく洗顔することも重要だと知ることができました。


この記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ