ついついやりたくなっちゃう小鼻の角栓・毛穴つぶしの恐ろしさ

小鼻の角栓・ぷつぷつって、ついつい気になって指や爪でつぶしてしまいますよね。

角栓がするっととれる感覚がたまらなくて、ついついやりすぎてしまい気づいた時には鼻が真っ赤になっちゃった!なんてこともしょっちゅうでした。

こういった経験をお持ちの方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

そもそも、角栓を無理矢理とるのって、どうして肌によくないんでしょう?

汚れを出すのだから、かえって良さそうな気もしますが・・・。

どうやら角栓を無理矢理とるのは、肌をベリベリとはぎとっているのと同じことのようです!

そう考えるとものすごくこわいですよね!

肌のターンオーバーはだいたい28日で行われるそうなので、角栓もぽろっと自分で気づかないうちに取れているものなんですって。知らなかった~。

この角栓たち、私の小鼻にいつまでも居座ってると思っていたけど本当は何度も自然と取れては作られ、取れては作られを繰り返していたんですね。

つまり、しっかりケアをすればターンオーバーでとれた角栓はその後再生しないという事なんです。

無理矢理とってしまった角栓の毛穴は、開きっぱなしのまま、今以上に多くの汚れをとりこみます。

その結果もっと大きな毛穴となって小鼻に存在し続けるのです。良くない連鎖ですねー。

毛穴ケアは時間をかけてゆっくりと、自分の肌の力を信じて行っていくことが重要です。

また、ネットなどでよく見かける角栓を掻き出すスプーンみたいなもの!あれも絶対良くないです。

良くなったとしても一時的、いや、一瞬のものでしょう。

とにかく力をかけてむりやり角栓を取るというのはやめて、自然のサイクルで直していくのが実は一番の毛穴ケアの近道だったりするということです。

とはいえ、やってしまったものはしかたない!衝動を抑えきれずに毛穴をつぶして角栓を取ってしまったときは、正しいアフターケアが必須です。

しっかり冷やしたタオルで小鼻の毛穴を閉じた後、引き締め効果(収れん効果)のある化粧水でしっかりパッティング。

その後、いつも以上にしっかりと保湿しましょう!

開いた毛穴に保湿?と思うかもしれませんが、実は乾燥も毛穴を広げる大きな原因のひとつなんです。

私はニベアクリームなんかで代用することもあります。

安いし保湿力が高いのでおすすめですよ。

全身に使えるのも高ポイント。

毛穴を引き締めるのは冷タオルのほかに、冷やしたスプーンなども有名ですよね。

さすがに氷を当てるのはやりすぎな気がするので、適度な温度のもので引き締めた方が良いと思います。何事もやり過ぎは良くないので。

なにはともあれ、毛穴はつぶさないこと!

結局はこれに限りますが、対処法も覚えておいて損はないでしょう。


この記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ