「毛穴の汚れをスッキリ落とすポイント」の記事一覧

洗顔料と紫外線対策で毛穴を目立たなくさせることに成功!

毛穴ケアで特に意識したのは紫外線対策と洗顔方法です。洗顔料は火山灰配合の石鹸を選びました。洗顔石鹸がよかったのか、肌のくすみはとれた印象で、紫外線に気を使っていたおかげで肌はいつもより白さを保てていました。

毛穴汚れ対策!新陳代謝を活発にして古い角質を落とそう

毛穴ケアで見過ごせないのが、新陳代謝のリズムです。もしターンオーバーが鈍くなったままの肌で過ごしていたら、古い角質が肌から落ちずに肌に残ったままとなり、それらは毛穴にたまり、皮脂と混ざって毛穴汚れやくすみとなってしまうのです!

毛穴汚れ対策!皮脂の過剰分泌を防ぐには?

毛穴汚れの原因のひとつに、皮脂の過剰分泌があげられます。皮脂分泌を抑制してくれる栄養素として代表的なものは、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCがまず挙げられます。いろんな食材をバランスよく食べるということに帰結します。糖質や脂質の多いもの、アルコールや刺激物の過剰摂取にも気をつけましょう。

そもそも原因は?毛穴の詰まりの発生に迫る!

鼻の黒ずみの原因は、過剰な皮脂分泌と、新陳代謝の衰えの2つが考えられます。ただ皮脂を取り過ぎると乾燥で肌が荒れるので注意が必要です。新陳代謝の働きが鈍いと、古い角質はいつまでも肌に残り、それが毛穴に溜まり、皮脂と混ざって固い固い角栓となってしまいます。

洗顔や毛穴パックのやり過ぎ、鼻の角栓を押し出すことがダメな理由

毛穴ケアで間違った対策を取らないことは大切です。毛穴パックや洗顔のやり過ぎはダメです。一番やってはいけないのが指や麺棒、ピンセットなどで鼻の毛穴の角栓を押し出すことです。肌にダメージを与え、毛穴の開きもひどくなります。

毛穴の汚れを取ったあとの引き締めケアが大事

汚れが取れたあとの毛穴をいかにケアするかに今後はかかっています。開いた毛穴を引き締めるということは、毛穴の汚れを取る以上に難しいことでもあります。洗顔は冷水で行う方がいいでしょう。乳液をつける際は、鼻はもともと油分が多いので少なめにつけましょう。ケアは日常的に行う必要があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ