毛穴の汚れを取ったあとの引き締めケアが大事

毛穴の汚れは、とってしまえばそれで終わりという簡単な問題ではありません。

むしろ、汚れが取れたあとの毛穴をいかにケアするかに今後はかかっています。

たとえ毛穴パックでごっそり汚れを落としたとしても、そのまま穴がぽっかり開いたままだと汚れは見る間にたまっていきますもんね。

そして、開いた毛穴を引き締めるということは、毛穴の汚れを取る以上に難しいことでもあります。

それではどうやったら毛穴が引き締まるのか?

それは日頃のケアを丁寧にするほかありません。

まず、洗顔はぬるま湯~水で行うよう心がけます。

毛穴を開くために熱いお湯で温めたというのに、引き締めるときも温かいお湯のままじゃ毛穴は開きっぱなしということは明らかですよね。

冬はちょっと辛いかもしれませんが、基本は洗顔は冷水で行う方がいいでしょう。

泡を洗い流すときも決して擦ったりせず、顔を拭くタオルはできるだけ清潔なもので拭きましょう。

お風呂にはいるたびにバスタオルを替えていられないという方は、ティッシュで軽く拭くのも手です。

とくにタオルは吸水性が良すぎてせっかくお風呂上がりで潤ったお肌の水分を奪いがちです。

ごしごし拭くのではなく、最低限の水分を取るくらいにしましょう。

洗顔できれいに顔を洗ったあとは、化粧水でのケアです。

化粧水はぜひこのメーカーを!というのは特にありません。

肌質は人それぞれですし、みなさんの肌に一番しっくり来るものを使うのが一番かと思います。

ただ、個人的には鉱物油など化学物質を使ったものはあまり好ましく思っていません。

私は肌に触れるものを選ぶときには、まずオーガニックということを第一基準にしています。

という訳で化粧水ですが、これは前もって乳液とともに冷蔵庫で冷やしておくのがオススメです。

化粧水も生ものですから、夏場や湿度の高いところだとあっという間に傷んだり雑菌が繁殖したりする可能性があります。

その点冷蔵庫に保存することで鮮度を常温よりかは維持できますし、何より冷たいので引き締め効果は高まります。

化粧水はケチらずたっぷりと顔につけます。

乳液をつける際は、鼻はもともと油分が多いので少なめにつけるのがポイントです。

ケアは日常的に行う必要があります。

が、さほど難しいことでもありません。

いったん習慣になってしまえば、毛穴は徐々に縮まっていくでしょう。


この記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ