毛穴汚れ対策!新陳代謝を活発にして古い角質を落とそう

毛穴ケアで見過ごせないのが、新陳代謝のリズムです。

肌の奥から新しい細胞が生まれて表面の古い角質を入れ替わるまでの期間を、ターンオーバーといいます。

古い角質は普通この周期に則って垢として剥がれて、肌は新しい細胞に生まれ変わるのです。

このターンオーバーですが、年齢や生活習慣によって周期が遅くなったり乱れたりしてしまいます。

ホルモンバランス、ストレス、食生活といった健康を左右する要因はターンオーバーにも影響してくるため、きれいな肌を保つためには規則正しい生活を送ることが必要となってきます。

もしターンオーバーが鈍くなったままの肌で過ごしていたら、古い角質が肌から落ちずに肌に残ったままという事態が起きます。

そうすればどうなるかというと、なんと、その古い角質は毛穴にたまり、皮脂と混ざって毛穴汚れやくすみとなってしまうのです!

さらに肌の弾力も一緒に衰えてしまうため、肌のたるみやシワといった老化も早まってしまいます。

このように、ターンオーバーの乱れを放置することは、毛穴だけでなく肌全体に悪い影響を与えてしまうのです。

それでは、ターンオーバーの周期を正常に保つにはどうすればいいのか?

その方法は、上にも書いたように生活習慣が大きく関わってきます。

代表的なものは、次の通りです。

(1)夜の10時から2時には肌をしっかり休ませる

この時間に活発に活動してしまいますと、ターンオーバーのリズムを崩してしまう可能性が高くなります。
望ましいのはこの時間帯は就寝するということですが、さすがに夜10時の就寝は厳しい、という方も多いかと思います。
そういう場合は、せめて化粧は落としてしまって、食事、運動、喫煙といった行動を控えましょう。

(2)紫外線から肌を守る

紫外線はお肌の大敵とはよく言いますが、その理由のひとつはターンオーバーを乱してしまうからです。
紫外線は肌にダメージを与えるため、肌はそのダメージを修復しようとターンオーバーの周期を速めてしまいます。
短時間で肌細胞をつくることとなるので正常な細胞がつくられず、排出されるべきメラニンが残ってしまい、結果として肌のトラブルを招いてしまうのです。
そのため、外出するときは日焼け止めはもちろん、日差しの強い日は日傘や帽子などで極力カットするのが必須となります。

こうして見てみると、一般的に気を使うことばかりですね。

特殊なことをするというより、こういう日常の些細な場面でいかに肌を労われるかが大事となってきます。


この記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ